« 片貝まつり-平成23年度浅原神社秋季例大祭- | トップページ | 実況!第29回新潟シティマラソン »

飛鳥Ⅱ試乗でプチセレブ体験&初箱根! その1

お彼岸の三連休もあっけなく終了。
この連休は私は久しぶりに遠出をいたしましたbullettrain
行き先は横浜&箱根fuji
先に横浜行きが決まりそれにくっつけるように箱根行きが決まりました。
というより決めました。

横浜の目的は「船内見学&クルーズ説明会」ship
だんな様が雑誌で企画を見つけて
これ参加してみないかとflair
飛鳥Ⅱのクルーズは憧れながらも実現には程遠い世界。
クルーズに参加はできなくても試乗ができるならばと
早速申し込みしましたtelephone
そしてただそれだけで行くのはもったいないと
私がかねてから行きたかった箱根をリクエストkaraoke

この計画が浮上したのが8月末。
連休のお宿なんてもう残り少ないsweat01
何とかネットと旅行会社を駆使して
仙石原のお宿を予約しました。
日程は1泊2日。
本当に駆け足の旅ですrun

まずは1日目の飛鳥Ⅱ試乗から!
最寄り駅日本大通りを下りて歩くこと10分ほど。

2011_0923_111843img_1972

目の前の大桟橋にものすごく大きな船が停泊しています。
新潟にも飛鳥Ⅱは寄港し見たことはありますが
そのときは港の対岸からで見上げるような間近から見るの初めて。
とてもカメラにも収まりきれません。
救助ボートも大きい!!

2011_0923_112043img_1973

受付をしてビジターのカードをもらい首から下げます。
そしてタラップを渡りいよいよ船内へ!
豪華ステンドグラスのロビーです。

2011_0923_121304img_1985

ここは5階。
レストランなどがある階。
20名ほどが1グループになって船員さんから説明を受けます。

2011_0923_121310img_1986

そして上階へと説明が続きます。

2011_0923_121939img_1988

2011_0923_123013img_2000

ここは6階。
お店やシアター,図書館など公共スペースがある階です。
膨大な時間がある船の旅。
時間を有効活用するためのいろいろな配慮がなされています。
どれもゆったりスペース。

そしていよいよ居住スペースへ。
下の階はグレードも低い。
とは言っても立派なものです。
十分です!

2011_0923_123424img_2003

一番グレードの低い部屋は外に非常時のボートがあって
眺望が妨げられる部屋です。
デッキに出れば眺望はそれこそ360度なわけで
ここでも十分と思いました!

2011_0923_121858img_1987

途中の廊下にこのプレートが掲げられていました。
これはたくさん乗船した常連さんを顕彰するもの。
右は1000泊以上、左はなんと2000泊以上のお客さんだそうです!!
すごい!!happy02

2011_0923_125036img_2019

2011_0923_124944img_2016_2

特筆すべきはロイヤルスイート!最上級ランクの部屋shineshineshineshine
ここは入り口からして違います!
部屋もものすごく豪華!
何とこの部屋は世界一周で2000万円以上です!coldsweats02
家が買えるhousemoneybag
この部屋をリザーブする方はそれこそ本物のリッチな方なんでしょうね~dollar

2011_0923_125653img_2025

最上階とその下はまた公共スペース。
大浴場やプール,ジムなど。
船旅で一番心配なので運動不足coldsweats01
船上でランニングコースもあるそうです。

2011_0923_125943img_2030

2011_0923_125846img_2027

船から見た外の様子。
ちょっと気分いいです。
大桟橋は愛称はくじらの背中だそうですが
どちらかというとくじらのお腹のような~paper

2011_0923_131435img_2031

船内見学の後はクルーズ説明会。
スイーツとコーヒー付きです。(実際参加費1,500円払っていますsweat01
旅行会社の方が事細かに説明してくださいます。

ほとんど実現不可能な私たちは
お話も参考として伺いましたcoldsweats01
この参加された方の中から実際に申し込みをされる方もいるのでしょうね~happy02

今回の体験で分かったことは私は船酔いするということ!
説明を受けている間も
何となく揺れているような気がして気分が悪かったです。
(と言いつつスイーツはペロリでしたが)
これじゃクルーズで旅行なんて無理ですねwobbly

お次は箱根!まだまだ続きます。

|
|

« 片貝まつり-平成23年度浅原神社秋季例大祭- | トップページ | 実況!第29回新潟シティマラソン »

」カテゴリの記事

コメント

飛鳥内部の貴重な画像見事!
リゾートホテルが会場に浮かんでいるといって過言ではないですね!

せっかくなので船旅の思い出を・・・
1、青函連絡船。深夜便。食堂で三平汁を頂いてました。農繁期のため出稼ぎから一旦戻って道内各地に向かわれる方の雑談が聞こえてきました。
ある方は十勝に(帯広?)、ある方は稚内にといった感じで船を下りたらそれぞれのご自宅に戻られるんだなといいえぬ旅情が。
2、宇高連絡線
大雨の宇野港を出港、讃岐うどんを食べた。しかし天気が悪くて高松についたころは銚子がいまいち。
帰りは瀬戸内の島々が鮮やかでした。
3、新日本海フェリー
二等寝台に乗船。等級があがるとこの船も結構豪華になります。デッキもキャビンも広々!
粟島や男鹿半島の景色が鮮やかでした。小樽に着いたときの鮮やかな夜景は忘れることができません。
4、佐渡汽船
かもめって一日に何回越佐海峡をわたるのかというくらいすごい量のかもめがお伴に。沖合いはかなりゆれました。

長くなりましたが日常を忘れさせてくれますね。
また船旅をしてみたいですがなかなか厳しい。

投稿: 夢の旅人 | 2011/10/01 08:38

これは、新たなお客様開拓のためのイベントなんですね。
後日、「いかがですか~?」の電話やら郵便やら来るのかな。
でも「停泊中でも酔ってしまったので、泣く泣く諦めます。世界一周する気マンマンだったのに残念です。」って答えればイイですね(笑)

先日、何気なく見ていた番組で紹介されていた「カリブ海豪華客船クルーズ」が、確か5万円くらいで、1週間(?)客室代+食事代モロモロ込。
「やっすーっ!」でした。
5万って言ったら、東京~小笠原往復と大して変わらないじゃん!
もっとも、街に居るのと変わらない豪華客船よりも、何もない甲板から大海原見てる方が楽しそうですけど。(1日で飽きるかな。)

箱根編も楽しみにしています。

投稿: さばお | 2011/10/01 17:05

>夢の旅人さん

船旅は時間がかかるだけに
その途中の旅の思い出もたくさんですね!
国内の船旅では
やはり船は移動手段の一つとしてのとらえ方でしょうね。
長距離になると運転しない分楽チンだから
いいですよね。
船旅をゆっくり楽しむ心の余裕が必要なのかもしれませんね!wink

投稿: えみこ | 2011/10/02 21:49

>さばおさん

我が家はもう見限られているのか
何の打診も勧誘もありませんcoldsweats01
そもそもあれに乗る方々には勧誘なんて必要ないのかもしれません。
海外の船旅はずいぶんお手頃価格のようです。
飛鳥が高すぎですpout
今回は当然止まったままの船での見学でしたが
航海中の船の見学をしてみたいです!
でもそれじゃ見学じゃなくて航海ですよねcoldsweats01
箱根編はもうちょっとお待ちくださいwink

投稿: えみこ | 2011/10/02 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79984/52858506

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥Ⅱ試乗でプチセレブ体験&初箱根! その1:

« 片貝まつり-平成23年度浅原神社秋季例大祭- | トップページ | 実況!第29回新潟シティマラソン »