« 新潟花街茶屋~芸妓の舞編~ | トップページ | 瓢湖あやめ祭り »

水と土の芸術祭~プレ情報~

この夏から冬にかけて,
水と土の芸術祭」と称されるイベントが
市内あちこちを会場に開催されます。

このイベントに関しては当初はいろいろ問題があって
どうなるのかなと思っていました。
前売り券が発売されても
いったいどういう展示がどこであるのか良く分からず
あまり魅力を感じていませんでした。
でも新潟市美術館で今ちょうど開催されている
プレイベントに行ってみたら意外とおもしろそうなのです。
まだ多くの作品は製作途中ですが
マップ片手に回ったら楽しいだろうな~と思います。

Img_1910_602

入り口にあった鯛車は写真OKでした!
この鯛車,旧巻町の子供の玩具で
一時期は廃れてしまったのが復活したもの。
赤い色と表情がかわいいのです。
行燈になっていて夜はもっときれいでしょうね。

Img_1937

Img_1940

Img_1942

外では竹を使ったこんな美しい作品が!
何とも言えないたおやかな曲線に感動!
緑との取り合わせも素敵です。

Img_1968

向いの公園のお堀ではただ今作品制作中。
どんな作品になるのかとても楽しみです。

パスポートチケットも入手しましたので
会期に入りましたら逐次レポートしたいと思っています!

* * * * * * * * * * * * * 

ところが・・・
上の樹木と竹のコラボ作品は近々撤去されるそうですcrying
作者がここに作品を作る許可を取っていなかったからだそうdespair
確かにそれは落ち度かも知れませんが
こんなに素晴らしい作品なのに
会期前に取り壊すのは何とももったいない・・・weep
携帯の待ち受けにしているくらい気に入っていたのに・・・
でもこの作品を見ることができた私は幸せ者です。
芸術祭の幻の作品です。

|
|

« 新潟花街茶屋~芸妓の舞編~ | トップページ | 瓢湖あやめ祭り »

新潟情報」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
コメントありがとうございました。
ブログがいつも混んでいてなかなかお返事が書けないので先にこちらに来てみました。

私も今日美術館に行ってみましたが、土曜日なのに人が全然いなくてビックリ。
市民の認知度が低いんでしょうか。
私もえみこさんのように最初のいざこざがイヤで期待してなかったんです。
新潟市はアピールがヘタだし。
(お手伝い申し込みの電話をしたときの対応もそっけなかったです・・・)
こうしたことは作家さんたちに関係のないことだし、作品のすばらしさには変わりないのだから、たくさんの人に興味を持ってほしいです。

鳥屋野潟周辺でも展示がありますね!

投稿: さるる | 2009/06/20 23:14

おはようございます
>この夏から冬にかけて,
「水と土の芸術祭」と称されるイベントが
市内あちこちを会場に・・・・・
こんなイベントがあるんですか!びっくり!
「大地の芸術祭」の新潟市版でしょうか?
>上の樹木と竹のコラボ作品は近々撤去されるそうです
せっかくの作品がかわいそう!
でも貴重な1場面になりましたね。後年重要な資料となることは間違いないですね!

投稿: EF510-13 | 2009/06/21 07:38

>さるるさん

もう少し盛り上がってもいいと思うのですが
最初のつまづきが大きかったのでしょうか。
作家さんたちはきっと一生懸命でしょうから
周りの私たちが盛り上げていかないと!
お手伝い、私もしたかったです。
でもなかなか日程があわなくて・・・
自分がお手伝いした作品は一段と愛着がわくでしょうね。
鳥屋野潟の作品も楽しみです!!
屋外だから写真も撮り放題でしょうしね~winkgood

>EF510-13さん
>「大地の芸術祭」の新潟市版でしょうか?
そう思っていただいて間違いないと思いますcoldsweats01
どうしても二番煎じの感じは否めないですよね~
でもやはり地元でというのはうれしいものです。
最初はどうなるかと思いましたが
作品を実際に目の当たりにすると
やはりすごいな~と思います。
会期も長いのでぜひご覧になってみてください!!

投稿: えみこ | 2009/06/21 22:08

今日、撤去作業が行われていましたweep
跡形もなく元通り。
きっとそこにあったことの証明は
ここだけに残されるのでしょう。
本当に幻の作品でした・・・

投稿: えみこ | 2009/06/22 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79984/45390859

この記事へのトラックバック一覧です: 水と土の芸術祭~プレ情報~:

« 新潟花街茶屋~芸妓の舞編~ | トップページ | 瓢湖あやめ祭り »