最近のトラックバック

« 夏の総決算 | トップページ | 初秋の海岸 »

片貝まつり

Imgp7452_602
世界一!正四尺玉!

昨日,片貝まつりに行ってまいりました!
越後三大花火のひとつ,山の片貝です。
ここの花火はいわゆる「花火大会」ではありません。
全ての花火が浅原神社への奉納煙火なのです。
祝還暦,祝成人,祝結婚,祝誕生,追善供養・・・
個人で会社で仲間でそれぞれ花火を奉納します。
正三尺玉であっても,
唯一ここだけで上がる正四尺玉でさえも奉納の花火です。

Img_2

Imgp7302_602

私も縁あって4年前から奉納させていただいています。
自分の花火は感激ひとしおです!

Imgp7416_602

Imgp7422_602_2

片貝の花火は9月9日10日の日にち固定です。
私はいつも9日に奉納させていたただいています。
9日は何と言っても祝還暦の花火が奉納されるからです。
初めて見たとき,あまりの感激に涙が出ました。
いつ終わりが来るかわからないほど
これでもかと打ち上げられる金色の花火。
最近はその前後にまた色鮮やかなスターマインが上がるようになって
一層華やかさが増しました。

全ての花火に奉納者の思いがこもっている片貝の奉納煙火。
ご縁が続く限り奉納させていただいて
片貝の花火の醍醐味を味わっていきたいと願っています。

写真はとってもここでは載せきれません!
アルバムにアップしましたのでご覧いただければ幸いです。

« 夏の総決算 | トップページ | 初秋の海岸 »

新潟情報」カテゴリの記事

コメント

毎年思いますが、こういう意義のある花火っていうのは、本当にありがたいですね~。想いを込めて見入ることができるますね。
花火は、規模だけじゃない、発数だけじゃないことをいたく感じます。
前の人の頭がブレていないことも、見入っている証拠ですね。ww

いつもながら花火とは無縁の夏でした。
さてそれにしても見事な4尺玉。
そして奉納の花火もきれいでした。
ここの花火は10年以上前に一度だけ見たことがありますが非常にスケールが大きく驚いたことを思い出します。

私は昨日10日に見に行きましたちょっと遠くからみたのですが、それでも3尺玉も4尺玉もすごい迫力と圧倒的な美しさに感動しました
すべて神社への奉納の花火だったんですね・・・初めて知りました。それで、暗くなっても神社へお参りする列が絶えなかったんですね。
来年も行けたら、そのときはちゃんとお参りししたいと思います。

>よっちんさん

花火の美しさもさることながら
それぞれの奉納の気持ちをその花火ごとに読み上げてくれるので
ますます思いが伝わってくるんですよね。
あの雰囲気は独特です。
規模は小さくても花火への思いは日本一かもしれませんね!

>Rac2008さん

片貝まつりも終わるとあ~秋だな~と思います
あとは雪の時期の花火になりますね。
やはり自分で奉納した花火は格別です!
片貝の花火はあの音や振動も魅力のひとつ。
尺玉が上がるごとに桟敷席がゆれるのには
最初はびっくりしました
今はそれがないと物足りません!

>hisaさん

10日に行かれたのですね!
昼間の三尺玉はご覧になりましたか?
四尺玉はどちらかと言うと2日目のほうが好きです。
でもいつも9日に行くので見られません
いつか両日とも観覧してみたいですね!
浅原神社へのお参りはいつもしなくちゃ!とは思っているのですが
あの行列を見るといつも心の中で手を合わせて・・・
で終わっています。
来年は早めに行ってちゃんとお参りをしないといけませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片貝まつり:

« 夏の総決算 | トップページ | 初秋の海岸 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ