最近のトラックバック

« お盆を過ぎたら秋の気配 | トップページ | 往く夏を惜しんで・・・ »

読書感想文

今日の雨はすさまじかったです。
ちょうど出勤の時間に土砂降りで
車に乗るのも降りるのも躊躇されるような雨でした。
県内では被害が出たところもあるようです。
最近は本当に自然災害が多発。
不安が募ります・・・

さて全く話題は変って
この前,最多検索キーワードに
「読書感想文」がありました。

夏休みの宿題で双璧をなすのは
自由研究と読書感想文。
どちらも大変苦労した覚えがあります。

今思えば
思ったとおりのことを書けばいいのだけれど
うまく書けなくて
後ろについている書評をまねしたり
話のあらすじで原稿用紙を埋めたりと
姑息な手段で書いていたような気がします。

今はネットで読書感想文の雛形が出ているのですね。
子供たちはきっとそれを真似して
というよりもそっくり写して提出したりするのでしょうね・・・

大学のレポートなどでもコピペが問題になっているそうです。
まねをして楽しようという気持ちはわからないではないけれど
考えることをやめてしまったら人間おしまいのような気もします。
子供たちには考えることの楽しさを味わってほしいな~と思うけれど
そんな余裕もないのでしょうか・・・

« お盆を過ぎたら秋の気配 | トップページ | 往く夏を惜しんで・・・ »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

私も読書感想文は大嫌い。
粗筋に触れないと「話の内容が分からない」といわれるし、粗筋書き始めたらそればかりになっちゃうし。

ちょっと前に新聞に載っていましたが、学生のコピペだらけレポートをチェックするソフトが開発されたそうです。
コピペ率とか、出展本とかバッチリ分かっちゃうんだって。
そういうソフトが出てきたというダケで牽制になりますよね。

そういう私、この前の社内論文をどうやって書いた・・なんて言えない(笑)

読書感想文の堅い話はおいておいて・・・・
そういえばこんなの適当にごまかしていたような・・・・・おいおい!
それよりこの異常な天気が心配です。ここに来て雨ばっかり!
食料も値上がっているのでここにきて米もあがったらさあ大変!

>さばおさん

チェックソフトの話は私も以前テレビで見ました。
そういうものが開発されること自体嘆かわしいと思いますが
仕方がないのでしょうね・・・
しかしながら
もともと今の子供たちは
こうやってコピーするということに罪悪感を感じているのでしょうか。
当たり前と思ってやっているのならこのソフトも効果なしですよね
指導者側の判断材料にはなるのでしょうね。

自分のことを振り返ってみると
やっぱりいろいろな資料から
つまみ食いをしていました
でも今のようにネットで検索一発で資料を見つけて
簡単にコピーできるような環境ではなくて
資料を探して必要なところを抜書きするというような
ひと手間がかかっていました。
それが抑制力になっていたのかもしれません。
これは思いっきり言い訳ですが

>Rac2008さん

私も一応提出はしていましたが
中身は大幅ごまかしでした
実りの時期を間近に控え雨が多いのは不安要素ですね。
それにしても今年は台風が少ないですね。
去年はあんなに上陸した台風が多かったのに・・・
これから来るのでしょうか。
また心配です。
物価の値上げはきついですね。
朝寄ってくるマクドナルドのコーヒーが
100円から120円に値上げになっていたのにはびっくり!
値上げの波はどこまで押し寄せてくるのでしょうか・・・

 悪評高い、読書感想文
 宿題に出してる側です

 いつもひらがなばかりの文の子が、漢字いっぱいの文章を出してきたり、映画だけ観て、本を読んだかのように書いてきたりというのも、あります。明らかに他人の文章というのは、ふだんのその子と比べれば、わかります。
 でも、大多数の子は、なんとか一冊は読んでがんばって書いてきますよ。近ごろは、ケータイ小説もありますしね。
 感想文コンクールだとかは好きではないですが、本を読むきっかけにさえなればいいと思います。
 私は支援学級なので、一冊読んで感想文を三枚書くか、五冊読んで読書記録を書くか、10日分の日記を書くか、の選択制にしています。
 一学期にずっと「ダレン・シャン」の読み聞かせをしていたら、夏休みに続きを三冊も読んでくれた子がいました。読書記録が楽しみです。

>manamiさん

ご帰国なさったのですね!!
お帰りなさ~い
旅のレポート楽しみにしていますね!!
ところで読書感想文。
一生懸命に本を読んで
感想をまとめてきてくる子供たちがいることを知って
ホッとしました。
3つのコースの選択ならどれか一つは選べそうですね。
私ならやっぱり10日分の日記かな
本を読んで記録をとっておくことはいいかもしれません。
何かしら心に残るフレーズや
印象に残る場面はあるはずですから

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文:

« お盆を過ぎたら秋の気配 | トップページ | 往く夏を惜しんで・・・ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ