« またもや・・・ | トップページ | 黒くなればOK!! »

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会

Imgp6785

去年はあの中越沖地震が直前に発生し
中止となってしまったこの花火大会。
復興の願いをこめた花火は
今年見事に打ちあがりました!
どの花火も素晴らしく
見ていて胸がいっぱいになりました。

Imgp6706

去年の同じ時期はこの会場は自衛隊の基地となっていました。
たくさんの方々が被災地の復旧支援のために
ご尽力されていました。
その全ての方々に見ていただきたい花火でした。

Imgp6702

ただ・・・
お天気は良かったものの風向きが最悪
微妙に左に流れる向かい風で
左の発射位置から打ち上げられたスターマインや単発の花火は
煙に邪魔をされて半分見えないような状況でした。

Imgp6763

後半の目玉となる花火の際には打ちあがったあと
煙が津波にように押し寄せてきて
客席全体が煙幕に覆われたようになってしまいました。

Imgp6812

最後の三尺玉二発同時打ち上げは
昇っていくのは見えたものの
開いたときには煙の中・・・
悲鳴にも似たどよめきが会場を覆いました・・・

Imgp6810

でも花火はしっかり心の中に届いています。
たくさんの人が勇気付けられたことでしょう。
これを契機に復興がますます加速することを願っています。

|
|

« またもや・・・ | トップページ | 黒くなればOK!! »

新潟情報」カテゴリの記事

歳時記」カテゴリの記事

コメント

どれも見ごたえのあるカットです!
花火の炸裂音が聞こえてきそう!
昨年は花火どころではない大変な状況でしたが今回は見事に復活を遂げましたね!
復興に弾みがついてまた賑わいが戻ることをお祈り申し上げます!

投稿: Rac2008 | 2008/07/28 20:34

> Rac2008さん

本当に花火大会ができたこと自体に感無量です。
多くの人が待ち望んでいたので
すごい人出でした。
あんなに混雑したのを見たのは初めてです!
復興への力強い願いを感じました。

投稿: えみこ | 2008/07/29 06:38

毎年当たり前のように行われてきた行事が実は当たり前でないことに気付く。
本当はしなくて良い経験ですが、被災してみて初めてわかることってかなりあるんだとあの阪神淡路の時に思いました。

花火って、人が作って人が打ち上げるものだけど、自然が大きな影響を与えるものですよね。
雨が降ったら出来ないし、風が強ければ流れてしまい、煙が邪魔を・・・
えみこさんには少し残念だったかもしれませんが、お写真で見せていただいた限り、見事ですよ。
「去年は左に流れちゃったんだよね」と来年話せることが
どんなに幸せなことか・・・

投稿: ペコ | 2008/07/29 08:50

天気晴朗なれど・・・。こんなことオッサン世代?しっかし綺麗だね。よくとれました
三尺玉は残念!

投稿: ossan | 2008/07/29 18:51

>ペコさん

ペコさんのメッセージを読んで
ハッとしました。
自分は大きな勘違いをしていました。
花火が見える見えないということ以前に
花火を見ることができるそのこと自体が大切なんですよね。
災害が起きるたびに
何気なく平凡な生活をおくれることが
いかに幸せなことか痛感してきました。
来年,また再来年とこの花火大会に大勢の人が集い
幸せな時間を共有できることを心から祈ります。

>ossanさん

本当にきれいでした!
心にしみる花火でした・・・
明日たぶんポストに
この花火に写真が入っていると思いますのでお楽しみにwink

投稿: えみこ | 2008/07/29 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79984/41995314

この記事へのトラックバック一覧です: ぎおん柏崎まつり海の大花火大会:

« またもや・・・ | トップページ | 黒くなればOK!! »