« 詰め放題! | トップページ | 蜘蛛の糸・杜子春 »

ジャズと夕日と写真展

Img_0905

今日の夕方、朱鷺メッセに行ってきました。
今日からトワイライトジャズが始まるからです。
6月の金曜日、夕方6時からジャズが無料で聞けるのですnote
Img_0885

夕日の中で聴く音楽はまた格別。
本当は外のデッキが会場なのですが
今日はアトリウムででした。
外の方が気持ち良さそうだったけれど・・・
Img_0912
となりのテーブルでおじ様グループが缶ビールを開けていました。
おいしそうだったな~despair
(私は車で来ていたのでアルコール×)

そのあと、万代島美術館で開催中の
「写真・昭和の肖像1945-1989―レンズが視た戦後の日本―」
を鑑賞。

とにかく力強い意思を持った写真の数々に圧倒されました。
遅い時間だったのでお客は私一人。
もう贅沢なほどゆっくりと一つ一つ作品を見ることができました。
撮ったカメラマンと撮られた被写体
どちらもすごい時代だったのだなと心底思いました。


|
|

« 詰め放題! | トップページ | 蜘蛛の糸・杜子春 »

新潟情報」カテゴリの記事

コメント

贅沢なひとときでしたね。

私も行ってみたかったです。

投稿: mi-ko | 2008/06/07 06:40

夕日とジャズ。大人だわ♪
素敵な催しですね。
えみこさんの行動を拝見していると
私の行動=興味・関心 ってなんて狭いんだろう、って思ってしまいます。
自分をもっと広げなくちゃ・・・日々反省です。

投稿: ペコ | 2008/06/07 07:19

窓越しのトワイライト
昨日の夕暮れの肌寒さでそれもよかったかも。
季節と音。素敵な夕暮れ時の企画ですよね。
これから夕暮れにも暑さが残るようになってくるでしょう。

素晴らしい写真展ですよね。
写真展は開催中にもう一度行ってみようと思っています。

投稿: 伊藤/kin_i | 2008/06/07 07:42

夕日とジャズなんて素敵ね~♪
ラブラブな人と一緒だったら100点満点!

写真が気楽に撮れる時代になったけど
数多い中に「貴重な一枚」が埋もれることがないように
ほんとうに大切なものを撮り忘れないように

えみこさんがリンクを貼ってくれたサイトを見て
なんだかちょっと、
そんなことを思っちゃいました。

投稿: miporing | 2008/06/07 09:29

>mi-koさん

6月いっぱいやっていますので
ぜひお出かけになってみてください!
写真展もぜひ!!

>ペコさん

夕日にジャズはぴったり!と思いました。
企画した人偉いflair
しかもタダというところが素晴らしいです。
今度はバスで行かなくちゃ!
私の行動の原動力は好奇心。
これがなくなったらもう自分じゃないと思っていますcoldsweats01

>伊藤/kin_iさん

ぜひ今度行かれてみてください!
とってもよかったです。
写真展は本当にすごかった。
時間というふるいにかけられて残った作品たちは
やはりそれだけのパワーがある作品でした。
今撮られている作品も後世に残って
見る人たちにパワーを送り続けることを願って止みません。

>miporingさん

私のとなりのテーブルはカップルだったのよ~heart04
まぁ明るくてオープンな会場だから
ラブラブオーラはそんなに出ていませんでしたがcoldsweats01

確かに携帯電話にもカメラが付いて
誰しもがカメラを持ち歩いているような状況。
どんなときでも写真を撮ることができる。
それだけに何を撮るかいつ撮るかが
とても大切なような気がします。
貴重な1枚は有名カメラマンが撮るとは限らない。
そこにいる人がその瞬間を捉える。
私たちがその瞬間に居合わせるかもしれません。
そうなったとき、ちゃんとシャッター押せるかなdespair

投稿: えみこ | 2008/06/08 08:22

フィルム、いいな~。
デジタルになって、オートフォーカスに高速連写と、使い勝手がよくなった分、ワンシャッター、一枚の重みを忘れつつありますね。
眠っているカメラ引っ張り出して、ちょこっと撮ろうかと思っても、フィルムも高いな~。
こないだも朝日がきれいなんで、フィルムカメラで撮ったら、いつものクセでモニター確認しようと裏ブタのあたりを凝視してしまいました。wwwwとほほ。

投稿: よっちん | 2008/06/08 09:56

>よっちんさん

フィルムの時には1枚1枚をとても惜しんで
大切に撮っていたのに
今はシャッターを押す数はうなぎのぼり!
それでいい写真が撮れているかといえば???
フィルムの気持ちでデジカメで撮れば
もっと丁寧な写真を撮ることができるのでしょうね・・・
反省です。
私も今、フィルムカメラを使ったら
きっとモニターを確認しようとするでしょうねcoldsweats01
慣れは恐ろしい!

投稿: えみこ | 2008/06/08 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79984/41446361

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズと夕日と写真展:

« 詰め放題! | トップページ | 蜘蛛の糸・杜子春 »