« テニス肘 | トップページ | 詰め放題! »

声は楽器!

今日はとあるコンサートに行ってきました。
EPOさんと鼓童から独立された金子竜太郎さん
そして馬頭琴・喉歌走者の嵯峨治彦さんの3名からなる「Aguri」

パンフレットにある言葉を借りれば
太鼓とうたと馬頭琴のユニット。
でもこんな3つのキーワードではくくれない
すごい広がりのある音楽が展開されました!
もう本当に感動して涙モノでしたhappy02

もともと馬頭琴や喉歌(主にホーミー)が好きで
それを聞きたくてチケットを求めました。
ホーミーを生で聞いたのは初めてで
その音色に涙が出そうになりました。
あれは魂を揺さぶる音です。
本当に不思議な音。
人間があんな音を出せるんだという驚きと感動。
目を閉じるとモンゴルの大地に吹く風の音を感じるようでした。
ホーミーだけでなくもちろん馬頭琴や口琴もとても興味深く
素晴らしい演奏でした。

太鼓もまたすごい!
とにかくパワフルな演奏!
よく体力が続くなと思います。
音と振動が同時に押し寄せてくる迫力!
ライブならではです。
でもパワフルなだけではなくて
ちょっとお茶目な演奏もありで
とってもバリエーション豊か!!

EPOさんはメディアでもおなじみですが
やはりプロ!と思いました。
声がとにかくきれい!
今回は歌詞のある歌は少なくて
声がひとつの音源としてアンサンブルの中に入ってきます。
それがまた耳に心地よい~

今回のコンサートのCDを求めようと思いましたが
発売されていないそうです。
ご本人たちもおっしゃっていましたが
その場で即興で演奏することが多いとのこと。
その音楽はその場限り。
そこにいないと楽しめないと言うことなんですね。
そういう意味で今日、あのコンサートに行けたことは
私にとって幸いなことでした。

またぜひ新潟にいらしたら聞いてみたいと思いました。
今度はどんな音楽を奏でてくれるのでしょうか??

|
|

« テニス肘 | トップページ | 詰め放題! »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

馬頭琴っていうと
小さい頃に読んだ絵本
モンゴルのお話「スーホの白い馬」を思い出すよ~
なつかしい。

ライブって、一期一会だよね。
素敵な出会いだったね、えみこさん♪

投稿: miporing | 2008/05/31 14:26

 このユニットのライブ、数年前にダンナが行きましたnotes
 確か、うちには嵯峨治彦さんのCDがあったはず。
 私もなんどかホーミーを聞いたことがありますが、本当に不思議な魅力がありますね。人間が楽器になり、声や音の響きに奏者も聴き手も身をゆだねた時にできあがる音楽なのだという気がします。ホーミーに限らずですが。
 影響を受けやすいダンナはしばらく、家で練習してました。それらしき音がちょっとは出るようになって喜んでました。

投稿: manami | 2008/05/31 15:45

>miporingさん

私もその話覚えてる。
悲しいお話だよね・・・weep
馬頭琴の寝入るがちょっと物悲しく聞こえるのは
そのせいなんでしょうか??
ライブはそこにいてこその楽しみnote
たまには音楽を聴いてリフレッシュしないとね!

>manamiさん

それはすごい!!
ちょっとでも出るようになるなんてすごいと思います!
どうするかなんてぜんぜん分からないもの。
超人的技だと思います。
どうしてあの歌唱法が生まれたのかは分かりませんが
いかにも大陸的という感じですよね!

投稿: えみこ | 2008/05/31 20:25

このまえ私のブログで仰っていたコンサートですね。

以前、テレビで「いい歌声」とされる声は、単に「透き通っている」とか「聞き取りやすい」のではなく、科学的に分析するといくつもの音階が混じりあっているというような解説をしていました。弦楽器の複数の弦を同時に鳴らしているようなカンジ。

それを聞いて、私の好きなカレの声とかも「そうそう!そうなのよ!!」って納得したものですが、ホーミーは、まさにソレだと思います。
大地を渡る風の音・草木のざわめき・・・そういう自然界の音をも包含するような声だから、人間も動物も、誰もが揺さぶられるのではないでしょうか。

また忘れられない感動経験をされましたよね。

投稿: さばお | 2008/06/01 01:33

私の乏しい想像力を持ってしても
それはそれは素晴らしい音たちだったのだろうな、と思い浮かべることが出来ます。

でもこればかりは、その場で体験しないとわからない、貴重なひとときだったのだろうと思います。

耳に心地よい音は自宅に居ながらにして聞くことができるけど(CDなどで)
魂を揺さぶる音は生でなくちゃね。

ps.今年もap fesのチケットが当たりました。
  早く桜井さんの生声が聞きたいです。

投稿: ペコ | 2008/06/01 06:28

>さばおさん

そうです!そのコンサートです。
やたら平均年齢の高いコンサートでしたcoldsweats01
科学的に分析で思い出したのですが
ホーミーの声とユーミンの声が似ているという分析をした番組をかつて見たことがあります。
(そういえば文字も似ている!?)
あの声の響きを思い出すとなるほどなと思います。

どうしてあのような歌唱法が生まれたかはわかりませんが
生活の中で自然と生まれてきたのでしょうね。
まさに感動体験!
モンゴルに行ってあの風景の中で聞いてみたいです!

>ペコさん

CDでも聞けるけれど
やっぱり生は違いますね~lovely
しかもいい席だったので目の前でしたもの!
どうやって声が出るのかと一生懸命口もとを見ていましたが
謎のままでしたcoldsweats01

あれからもう1年経つのですね~despair
早いものです
ミスチルは新潟でも9月にコンサート予定です。
長岡の丘陵公園で野外ライブ。
きっとすごい人が集るのでしょうね~wink
ap fes楽しんできてくださいね!

投稿: えみこ | 2008/06/02 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79984/41375061

この記事へのトラックバック一覧です: 声は楽器!:

« テニス肘 | トップページ | 詰め放題! »