« 個性派チョコ | トップページ | 荒れる日本海 »

新潟絵屋情報

Img_0519
外は猛吹雪。
窓を開けてこの写真を撮ったら
どんどん雪が入ってきて寒かった~(>_<)
一時は収まったのですが
日が落ちてから降りが強くなって
もう結構積もっています。

さて新潟絵屋で現在展示されているのは
漆山昌志さんの石彫展です。

外にもこんなかわいらしい作品が置いてあって
お出迎えをしてくれました。
タイトルは「仲良し」だそうです。
Img_0514

入り口にも作品が置かれていました。
Img_0516

中に入ったら一面に作品が置かれていてびっくり。
いつもは中央にテーブルが置いてあるのです。
Img_0518

どの作品も表情がいい!
じっくり見ていると語りかけてくれるような感じです。

小さい作品は家の中に飾れるけれど
大きい作品は家の外に置くしかない。
でもそれもまたいい味わいが増えてくるような気がします。

ここは画廊ですがフラッと入って見るだけの
私のような者にも暖かく接してくれるので
とても行きやすい場所です。
次の展示も楽しみです!

|
|

« 個性派チョコ | トップページ | 荒れる日本海 »

新潟情報」カテゴリの記事

コメント

石なのにどれも温かみがあるのが不思議です。
きっとひとつひとつ、長い時間と手間をかけられて
完成されたのでしょうね。

画廊ってどうも敷居が高いイメージがあります。
こんなところが近くにあることが羨ましいです!

投稿: ペコ | 2008/01/24 23:10

>ペコさん

この石の作品には
命が吹き込まれているような感じがします。
どれも表情が生き生きしていて
見ていて楽しい作品ばかりでした。
画廊というと入りにくい雰囲気ですが
ここはミニ美術館のようなたたずまい。
私が勝手にそう思っているだけかもしれませんが~

投稿: えみこ | 2008/01/25 18:42

身近にこんなふうにちょっとしたアートを楽しめる場所があるのっていいね。
もし近くにあったら私も通っちゃうのにな。

石って、つめたいのに暖かくて
なにか小宇宙のような
そんな不思議な素材で私も大好き。

「仲良し」いいね。

投稿: miporing | 2008/01/26 09:16

>miporingさん

miporingさんのコメントを読んで
心は一気に高校の地学の世界へ飛びました。
かこうあんざんげんぶ、かこうせんりょくはんれい
せきえいちょうせきくろうんも・・・
呪文のように覚えた火山岩
石はいろいろは鉱物を含んでひとつの石になっている。
だから小宇宙なんですね!

投稿: えみこ | 2008/01/26 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79984/17821248

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟絵屋情報:

« 個性派チョコ | トップページ | 荒れる日本海 »