« 千灯まつり | トップページ | またもや・・・ »

キタ~~~!!\(◎o◎)/!

Scan10007

ずっと前に電話(1165イイロウゴ)で請求した
私の年金加入記録が届きました!
私は仕事が何回か変わって
厚生年金と国民年金が複雑に入れ替わったので
ちゃんとチェックしておきたいと思い取り寄せたんです。

そうしたらやっぱりありました!
変なところが。
小さな違いでしたが加入期間が切れているところがある。
雇用期間と年金の加入期間が異なっていたのです。
早速問い合わせをしましたがまたその問い合わせの書類が必要とのこと。
はい!出しますとも~!!

私はこれでもそういうところはきっちりやってきたつもりです。
これでは全国レベルではどれだけのミスがあることやら・・・
社保庁のミスばかりとは言い切れませんが
自分の年金は自分でしっかりチェックする必要がありそうです。

|
|

« 千灯まつり | トップページ | またもや・・・ »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

すごいな☆えみこさん。
『出しますとも!!』が言えるなんて・・・。

私はそうゆうことダメなんですよねぇ~。
もっときちんと生きなきゃ・・です。

投稿: mi-ko | 2007/08/01 21:00

>mi-koさん

出来ることはやらないとダメな性分です。
だから余計なことまで首を突っ込んじゃうんですよね~
日々反省(>_<)

投稿: えみこ | 2007/08/01 22:32

あ~やっぱりそういうことがあるんだ!!
ニュースで見てたけど、どこか他人事な私。
やっぱりこういうことはきちんとチェックしなければね。
なるほど、なるほど。

投稿: norimon | 2007/08/01 22:49

>norimonさん

私もないと思ったけれど念のためと思って請求したら
思いがけずミスが発覚!
意外にあるもんなんですよ、きっと。
私のケースはつい最近のことだけど
昔のことなんて調べるの大変でしょね~(>_<)

投稿: えみこ | 2007/08/01 23:48

えみこさん!!実は私も!この年金問題が大きくなる直前に必要があり、社会保険事務所に出向き自分の記録を出してもらったら…(`´メ)四ヶ月の未納があると、丁度部署変わり(雇用形態の変更)の頃なので今現在問い合わせ中なのです。やっぱり、不安ですよね(-.-)皆さんも一度調べた方がいいですよね。

投稿: 未羽 | 2007/08/02 08:24

え、マジですか?
私もいろいろ仕事替わったから危険かも!?

えみこさん、マメですね。

でもでも~、問い合わせなくても、国民全部に記録を送ってくれることに国会で決まったんじゃなかったでしたっけ?
そう思ってでーんとしてるんですけど、わたし。。。

投稿: miporing | 2007/08/02 15:43

お役所の仕事は、待っていては駄目、自らが動かなければ何もしてくれません。
大阪市は夫婦の年齢がアル境を越えると、水道料金が半額以下になる規則があるのですけど、これとて水道局へ申請書を提出しないとダメ、知らない人が意外に多くて・・・何処に公示してあるのやら・・・大阪市は隠している風にもみえます。

又、70歳を越えると、地下鉄やバスが無料になるのですが、これも忘れないように申請が必要。

待っていてはダメ、何事も自分から動かなければ・・・
えみこさん、社保庁に負けないよう、頑張り抜いてください。

投稿: サイコロ | 2007/08/02 19:35

>未羽さん

え~~!未羽さんも~???
意外にあるんですね~!
やはり替わり際がウィークポイントのようです。
私もちょうど新潟市が大合併した日がポイントになっています。
しっかり確認して不利益がないようにしないと!!

>miporingさん

そうそう、結局は全員に送られるようですよね。
私は請求したのはそれが決まるよりも前でした。
ずいぶんかかって届きました。
それを待ってもいいと思うけれど
私はせっかちだし好奇心旺盛なので
つい請求しちゃいました(^^ゞ

>サイコロさん

役所は申請主義が基本と言うのは問題ですよね。
特に今回のように災害の場合、
いろいろな助成制度について
知らなければ受けられないと言うのではあまりに不公平です。
特に高齢者の方は情報を得る手段が少ないですし、
不利益がないように十分告知すべきです。
掬い上げてくれるような思いやりのある助成制度であってほしいとおもいます。

年金問題、今回の私のケースではたぶんそんなにもめずに
記録が埋められるでしょう。
でもたくさんの方々が悔しい思いをされていると思うとやりきれない気持ちになります。

投稿: えみこ | 2007/08/02 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千灯まつり | トップページ | またもや・・・ »